装着時間はしっかりと守ろう

女性

大阪でも歯の矯正治療は積極的に行われていますが、通常の治療では歯の表面にブラケットやワイヤーを取り付けることになります。それゆえに、装置は目立ちますし食事や歯磨きがしづらくなるという問題点もあります。できることなら、より快適な治療を選びたいと考えている人もあるのではないでしょうか。そのような場合は、透明のマウスピースのような装置をつけるインビザラインがおすすめです。まず、透明なので目立つ心配はありませんし、自由に外しができるので食事や歯磨きも快適にできます。注意点としては、装着時間をしっかりと守ることが大事です。自由に取り外しできることはメリットですが、外している時間が長すぎると歯を順調に動かすことはできません。歯磨きと食事のとき以外はできるだけ装着しておくようにしましょう。

対応している歯科医院

治療

大阪でもインビザラインは注目が高まっていますが、すべての歯科医院で提供されているわけではありません。この治療を希望するのであれば、まずは対応している矯正歯科を見つけておきましょう。治療費もやや高めになりますので、総額でどれぐらい必要なのかも確認しておきたいところです。それから、インビザラインもすべての症例に対応しているというわけではありません。歯の状態によっては、治療がふさわしくないこともあります。まずは、診察や検査を受けて対応できるかどうかを調べてもらいましょう。

最初にすべての装置を作る

マウスピース

大阪でも利用者が増えているインビザラインでは、ずっと同じマウスピースを使うわけではありません。歯の状態に合わせて新しいものに取り換えていく必要があります。それゆえ、何度も型どりしなくてはいけないと感じている人もあるのではないでしょうか。インビザラインの場合は、最初にすべてのマウスピースを作成することができます。それゆえ、何回も型を取る手間はありません。マウスピースの交換も自分で行うことができますので、通院の回数を抑えられるのもメリットです。

金属アレルギーがある人も安心

歯科医と子供

従来の矯正では、金属を使いますが金属アレルギーがある場合は治療ができないという悩みもありました。その点、大阪でも導入する歯科医院が増えているインビザラインは金属を使わずに歯を動かすことができるのが特徴的です。これなら金属アレルギーのある人も安心して治療を進めていけるのではないでしょうか。歯磨きもしっかりとできるので、治療中に虫歯や歯周病になるリスクも一般的な治療に比べて少ないとされています。さらに、装置の装着では歯の痛みが出ることもありますが、そうした痛みもワイヤー矯正に比べて少ないのもメリットです。順調に歯を動かすためには適切な治療計画を立てておくことが大切ですので、実績の豊富な歯科医院を選んでおきましょう。